カテゴリ:愛犬を素人が撮る( 1 )

愛犬を室内で撮る事が多い人

愛犬を自由なフレーミングで撮りたい。
デジイチならではの写真が撮りたい。

その願いとは裏腹に、以下の状況下で生活する飼い主にとって、室内撮影は必須項目ではないでしょうか?

・住んでる場所のお陰で、屋外ノーリードができない。

・そんな事はおろか、愛犬の特性上(笑)ノーリード、ましてや狭いファインダーを覗くなんて危険すぎる!!

・結局1人で撮る事が多い為、片手にリード片手にカメラで、代わり映えしない写真になる。

これでは、コンデジでもデジイチでも大差はなくなってくる気がします。
まして、無理にデジイチで狙った日には、思わぬ事故に見舞われる。
飼い主が転んで擦り傷程度ならいいけど、大事なカメラが損傷するのは、絶対的に避けたい。


全てが安全で、そして自由に撮れる場所。
それは、自宅室内なのでは?


私の親しくして頂いているお姉さま約2名が、只今レンズ選びに奮闘してますので、少しでもお役に立てたら。。。と思い、室内撮りでの焦点距離・最短撮影距離について参考になるよう書いてみます。

結局のところ、愛犬を部屋で撮る場合、何が必要で、どんな違いが使いやすさを感じられるのか?
それは、撮りたい写真によっても様々だけれども、少しでも、役に立つのなら。。。

レンズは2本

・50mm F1.8  最短撮影距離 45cm
・18-50mm F2.8 マクロ  最短撮影距離 20cm

数字がどのくらいの差を示すのか?

全く想像がつかない、犬以外の被写体での写真ではよくわからない。
という方の為に、ティアラをモデルに実験です。

肉球に迫った場合 全てAFでピント合うまで

1. 18-50レンズを 50mmで合わせて 最も近寄った場合(スペック上は20cm)
d0114601_10401743.jpg


2. 50mmレンズで 最も近寄った場合(スペック上はたしか45cm)
d0114601_10421534.jpg


3. 場所は違いますが 18-50レンズ 18mmで合わせて 最も近寄った場合
d0114601_10435155.jpg


次に、鼻デカ風写真 ピントは目に合わせてAFで

4. 18-50レンズで 18mmに合わせて 最も近寄った場合
d0114601_10454148.jpg


5. 18-50レンズで 50mmに合わせて 最も近寄った場合
d0114601_10471490.jpg


6. 50mmレンズで 最も近寄った場合
d0114601_10482061.jpg



絶対はないけれど、私にできる実験は以上です。

ちなみに、鼻デカ写真の背景にも目を通して下さい。
全て、絞りはF2.8です。
[PR]
by goodday-shine | 2007-04-29 09:44 | 愛犬を素人が撮る