心が濡れるとき





夜に向かって太陽が行き急ぐ時間帯は 胸を締め付けるほど綺麗


全てが闇に向かって色を失いつつあって

それを照らそうと 灯りがつき始めて



楽しかった今日が終わるのを 

まだ もう少し   あと どのくらい?


時間を先延ばしにしたい気持ちが 疲れた体の中を 甘く泳いで



そういう時は 普段おしゃべりな口も 大人しくなってしまう


時間を決めるなんて せつなくて 嫌だ


黙って助手席に体をうずめて 

ライトをつけた車がちらちらと辺りに光を写すのを 

綺麗だなぁと ぼんやり見つめて

少し暗い世界に 安堵感を思うのは 動物だから?


あなたも 同じ事を思ってる?



d0114601_11393510.jpg






信号待ちの 運転席の窓から 手を伸ばして写したこの景色

この時間帯がとっても好きな私

これを撮っている時に 切ないLOVEな話をテキストに~って思っていました。

ヘタなテキストに お付き合いくださり ありがとうです。

これさー、もっと都会で撮ったら素敵なんだろうになーーー。
[PR]
by goodday-shine | 2007-08-17 12:14 | love
<< 今日は また暑いよ 空を撮る事 >>