乙女心は複雑

21:00書き足しました

夕方から 胃がもたれてきて 憂鬱だった

約束の時間まで 数時間 ちょっと不安

おまけに 少し眠い



仕事がすんなり終わって 急いで用意する

その頃には元気になってきて アイラインをひく目にも少し力が入った



「どこに行けばいいの?」とメール

電話して来ない所が シャイな彼




田舎だから 外は暗い

指定した場所まで小走りでいくと スモールライトをつけた車が1台 アイドリング中



車の前を横切るのが 少し恥ずかしかった

薄暗い中でも この距離では 私の姿は見える

かといって 遠回りするのも 女がすたると 迷わず通過





「お待たせしました!」と ドアを開けるも 顔を見るのが少し恥ずかしく そのまま乗り込み前を見る

多分 その一部始終を彼はじっと見ていたであろう

3年ぶりくらい?の再会

といっても 彼とは私が18の時からの付き合い 何も気兼ねはいらないのに ドキドキを悟られまいと必死でクールを装う



「何を食べましょう?」 聞かれた時に初めて彼を真っ直ぐに見た

「食べた事のないもの」 答えると溜息まじりに笑われた

どこも変わった風はなく 老けたかな?と想像してたけど そんな事なかった

ただ 私の顔をじっと見ている目が 何とも言えない様子で 少し困った



赤信号で止まった隙に カメラを向けたら 急いでフェードアウト 

撮影許可は 下りた筈なんだけどなぁ?

今日は 撮影も兼ねて遊んで欲しいとお願いしてあった




近県のまともな場所では 顔が知れている為 カメラで撮られてるのを見られるのは恥ずかしいと言って 今回は設備のある漫画喫茶に入った

大小係わらず 大会では名を上げる腕前

彼が知る人より 彼を知る人の方が多い








周りはレジャーで来ているお客さんばかりで

彼のブレイクショットは 派手な音を立てて目を引いた

私は何度聞いても ドキっとしちゃうので カメラを握る手が震えないよう緊張した

d0114601_14424093.jpg



これでも弱めているんだよ 君の後ろはガラス張りだから危ないしねと 顔色変えず



「少し数を減らします」 返事も聞かずに あっという間に球が減っていってしまう

わざと外した球も 私が突きやすいように コントロール 

教えてもらうのと面倒みてもらうので半々


d0114601_19591585.jpg








d0114601_19493836.jpg








撮っている時間が勿体無いほど 彼とのゲームは いつも楽しい

コーチが良いので 6番から9番まで一気に入る事もあり 声を立てて喜ぶ私

実は一ヶ月も突いてないと言う それなのにどうして 狂いもなく仕留める

彼の横顔も 心なしか笑っているように見えて 「久しぶりで楽しい?」と聞いてみたら

彼は 「ちょっとね」 と 振り向いて はにかんだ

そんな彼が素敵で 思わずピント合わせを間違った!


d0114601_152676.jpg





どうにもこうにも 構えた姿は格好良く 普段と別人になる

何でも勝負事をする姿というのは 皆美しいけど

この夜の彼は 誰よりも素敵だった

d0114601_15262623.jpg

[PR]
by goodday-shine | 2007-05-29 15:34 | love
<< 今度の恋は ビター IN >>