どんな雰囲気がいいのか

私は、デジイチを始めた時から、犬の室内撮りについて実験ばかりしている。

私の部屋は、はっきり言って・・・暗い。

照明事態が白熱球?っていうのでしたっけ、黄色い色なので、この中で、雰囲気良く撮るには・・・と、いつも考えてます。
WBにしろ色温度にしろ、とにかくあらゆる手段を使い、四苦八苦。

それに加えて、犬を犬とわかるように撮るには、更なる苦難が。
「暗けりゃ写さなきゃいいんだ」と名言を貰った以降は、「そうか!何もハッキリ写ってなくたっていいんだ!」そうしたかったら、昼間撮ればいい。
別に犬種図鑑に載せるわけでもないし、日々の中の1ページ。
しかも、写真としてどうか?って事も、私には重要なんだから、何がなんでもティアラの全てがはっきり写ってなくても・・・と思い始めたら・・・

楽になりました♪

以下は、奥の方が黄色い照明の部屋で、ティアラのいるスペースは天井には照明なし、私の右側にキッチンの蛍光灯があります。
ISOは400、露出は・・・明るい方が-1.7、暗いのは-2.7だったかな。測光は中央重点で。F2.8.絞り優先です。
どのくらいが良いのかは好みだけど、私は暗い方が、写真として好き。でも、この中間くらいにすれば良かったなぁ。

d0114601_2315265.jpg



d0114601_232447.jpg

[PR]
by goodday-shine | 2007-04-28 23:00 | dog's
<< ちょっと 曲がってる~~~。 どこまで寄れるのか >>